無痛整体

筋肉は、痛みを感じるほど強くもむと、かえって緊張するという特徴がありますので、強くもまない方が良い。
では、どうすれば良いと思われるでしょうか?

お客さんがリラックスした状態(脱力した状態)で筋肉を緩めれば良いわけです。

そうする事で、体の深部にあるインナーマッスル(深層筋)まで、緩める事が出来るわけです。

この技術を用いる事で、実現できる事を紹介します。

筋肉を緩める

筋肉の状態のイラスト

筋肉が緊張すると、血管を圧迫し、血流が悪化する原因となります。

血液が、体の材料となる栄養素を運ぶわけですから、筋肉を緩め、血流を改善する事は、自然治癒力を高める上で非常に重要であると考えられます。

また、筋肉が緊張すると、神経も圧迫して、神経の電気信号(脳からの命令)が体に届きにくくなります。

筋肉を緩める事は、神経伝達の事を考えても重要という事が分かります。

骨格を整える

骨格矯正の図

骨格が歪めば、神経を圧迫し、神経の伝達を阻害する事になります。

また、体のバランスが崩れる事で、筋肉の緊張につながります。

そのため、骨格の歪みを整える事のできる、整体の技術は、自然治癒力を高める上で重要になるわけです。

ただし、一つ注意しておかなければならない事は、骨格がゆがんでいるのは、多くの場合、骨が曲がっているためではありません。

骨に付着した筋肉が緊張する事で、骨を引っ張りゆがんでいるわけです。

筋肉の緊張による体の歪み

もし、筋肉が緊張したままで、骨格を矯正したらどうなるでしょうか?

骨格を矯正する⇒筋肉に引っ張られて戻る⇒骨格を矯正する⇒筋肉に引っ張られて戻る⇒・・・

矯正と戻るの繰り返しのイラスト

この繰り返しをするだけになります。

そのため、骨格を矯正するだけではいつまでも体の状態を改善できない可能性があるわけです。

このような事を繰り返してないか、一度ご確認ください。

筋膜の癒着を取る

筋膜というのは筋肉のまわりを覆っている膜ですが、これが癒着する事で体のバランスが崩れ、自然治癒力の低下につながります。
筋肉を緩めるのと同時に、筋膜の癒着も取る必要があります。
当整体では、筋膜の癒着を取るための技術も身に付けています。

ヒーリング

自分自身は「整体師」と名乗っていますが、実際には、ヒーリングの技術を習得しています。
同じ整体法を習得していたとしても、結果は、整体師によって、全く違ってきたりします。
自分自身は、この違いは、この部分(気)にあると考えています。

当整体法が多くの人にご満足いただけているのも、気の力によるところが大きいと思っています。
ヒーリングとは、簡単に言えば、「気」を使ったエネルギー療法であり、厳密には違いますが、気功と同じようなものと考えていただければ良いと思います。

整体による物理的な作用と、気の作用の相乗効果が期待できると考えています。
「気」など非科学的であると思われる方もいらっしゃると思いますが、気功師が気を出したとき、気功師の手から出ている、遠赤外線などが強くなる事は、科学的な実験で明らかにされています。(※)

しかし「気」が何なのかは、現在の科学では良く分かっていないという事になります。

「気」を科学する 町好雄(東京電機大学工学部電子工学科名誉教授)

当院ではカウンセリングに力を入れています。
カウンセリングに力を入れる事によるメリットにはどのようなものがあると思いますか?

的確な施術ができる
足に痛みがあった場合、足自体に原因があるかもしれませんし、腰やお尻に原因があるかもしれません。
カウンセリングをしっかり行う事で、より的確に施術をすることができるわけです。
生活習慣の問題点が把握できる
便秘がある場合を考えてみると、原因として、自律神経の乱れや、野菜をあまり食べないなど食事の問題、 水分不足などが考えられると思います。
つまり、生活習慣に問題があれば、その部分を修正する必要がありますが、カウンセリングを丁寧にすることで、こういった問題にも適切に対応できる事になります。
様々な療法のリアルな効果を把握できる
インターネットの普及で、様々な情報を入手できるようになりましたがそれらの価値、信頼性はどうでしょうか?
企業の商品の誇大広告だったり、実行しても何の変化もないような健康法だったりして、どの情報が価値のある自分にとって必要なものなのかが分からないのではないかと思います。
その点、お客さんからの話は、実際に実践されてきたリアルな体験談となります。
このような話を蓄積していけば、健康にとって本当に必要なものが見えてくるという事が分かると思います。
丁寧なカウンセリングから得た様々な治療法や健康法に関する豊富な知識を持っている事も、当院の強みだと思っています。
つまり、生活習慣に問題があれば、その部分を修正する必要がありますが、カウンセリングを丁寧にすることで、こういった問題にも適切に対応できる事になります。