骨盤矯正って効果あるの?

骨盤を両手で支える様子

整骨院や整体院などのメニューでよく目にするものに、骨盤矯正があると思いますが、骨盤矯正は、そもそも必要なものでしょうか?

整体的に見た本当のところをお伝えします。

 

骨盤矯正って何?

 

骨盤矯正と言う言葉自体は良く聞かれると思いますが、具体的にどのような事を言っているのでしょうか?

骨盤とは、簡単に言えば、お尻の部分にある骨になります。

骨盤

この骨盤がゆがむ事で、様々な症状につながるという事になります。

例えば、下図の左のように骨盤がゆがんだ場合を考えてみます。

歪んだ骨盤とそろった骨盤

骨盤が歪めば、それに伴い、その上の部分にある、背骨もゆがむ事になります。

背骨がゆがんでいる様子

そうすると、体を支えるために、筋肉に余計な負担がかかり、「コリ」につながります。

このコリが、痛みの原因になりますし、筋肉が緊張すれば、血管を圧迫し、血流を悪化させますから、自然治癒力の低下につながります。

また、神経の伝達も悪化させますから、こちらからも、自然治癒力を低下させます。

その為、整体では、骨盤は、体の土台となるものであり、骨盤を正しく整えておくことは、自然治癒力を高く保つ上で重要とされているわけです。

もちろん、ここでは、分かりやすいように、上下方向のみ考えましたが、実際には、前後方向や回転方向のゆがみなども考慮する必要があります。

 

骨盤矯正は不要?

 

骨盤の歪みを整える事の大切さは分かった。

では、本当に、骨盤矯正は必要なのかを考えてみます。

 

骨盤の歪みがすべての不調の原因?

箱を持ち上げて腰を痛める男性

初めに説明したように、骨盤のゆがみから、例えば、腰痛につながる事があります。

体が歪めば、腰の筋肉に負担がかかり、腰痛の原因になりうるからです。

しかし、素人判断で、「腰痛があるから、骨盤の歪みが原因ではないか?では、骨盤矯正をすれば良いのでは?」と考えるのも違うように思います。

なぜなら、腰痛があるからと言って、必ずしも骨盤に歪みがあるとは限らないからです。

よく考えてください。

急に重いものを持ち上げたときに、腰痛になる事があると思いますが、この時、必ず骨盤がゆがんでいるものでしょうか?

単に、筋肉に過剰な負荷がかかり、コリになっているだけかもしれません。

そうであれば、この時に、骨盤矯正をしても意味がないとは思わないでしょうか?

 

本当に矯正できている?

猫背で杖を突くおばあさん

「骨盤矯正だから骨盤を矯正できるもの。」と思われるかもしれませんが、本当に骨盤を矯正できているでしょうか?

言うまでもなく、骨盤を矯正するには、技術が必要です。

何事も極端な例を考えれば分かると思いますが、例えば、腰がひどく歪んでいるお年寄りで、整骨院や整体院に何年も通っている人などもいると思いますが、いつまでたっても、腰がゆがんだままだったりしないでしょうか?

そう考えれば、何でもかんでも、矯正できるわけではないことは分かると思います。

つまり、骨盤矯正をするとしても、それなりの技術力のある整体院に通う必要がある事になります。

この事に関して、技術力のある整体院を選ぶためのヒントをお伝えしておきます。

体がゆがむのは、以下のように、筋肉が緊張し、骨を引っ張るためです。

筋肉の緊張による体の歪み

そのため、骨盤矯正をするには、骨格を矯正するだけでなく、筋肉を緩める必要があります。

もし、筋肉を十分に緩める事無く、骨格のみを矯正しようとしたら、どのような事が起こると思いますか?

答えは、以下のようになります。

骨格矯正しても戻っているイラスト

何度矯正しても、戻ってしまうわけです。

このように考えれば、いつまでたっても、矯正ができない理由が見えてくるのではないかと思います。

まず、理屈が分かっていなければ、結果など出るはずがないわけです。

 

必要な矯正は施術の中でやっている?

骨盤の歪みを検査する整体師

もし仮に、腰痛や肩こりなどの体の不調があって、整体を受けに来た場合、骨盤の歪みが体の不調の原因であるとすれば、しっかりとした技術のある整体師なら、整体をする際に、骨盤矯正も同時にやってしまうという事になると思います。

そうであれば、わざわざ、骨盤矯正をするために、整体を受ける必要などはないという事が分かるのではないでしょうか?

 

骨盤が完全にそろっている事はある?

姿勢のきれいなモデル

さらに付け加えると、日常生活を送る際に、完全に、左右対称、体のどこにも偏りなく、均等に、体に負荷をかけている人などいるでしょうか?

つまり、多かれ少なかれ、どのような人でも、体に歪みがあるものではないかと思います。

そう考えれば、数ミリの骨盤の歪みをむきになって矯正する必要があるのかとは考えられないかと思います。

理屈を押さえておく必要がありそうですね。

 

骨盤矯正は手段であり目的ではない

ゴールへと続く山道

「手段であり、目的ではない。」とは、よく用いられる言葉ですが、骨盤矯正にもこれが良く当てはまりそうな気がします。

骨盤矯正は、体の不調があり、それを改善するための手段として用いるものと考えれば良いのではと思います。

骨盤矯正が目的となれば、何か、間違った方向に進んでしまう事もあるように思います。

例えば、腰痛なのに、骨盤矯正をしようとして、腰痛がいつまでも治らないなど。

そのような事になれば、本末転倒ですよね。

これは、お客さん側だけでなく、整体師側も十分に理解しておく必要があるものではないかと思います。