整体院キャッチフレーズ

不眠症

このようなことでお困りではないでしょうか?

  • 夜、布団に入ってもなかなか寝付けない。
  • 眠りが浅く朝目が覚めた時すっきりしない。
  • 朝早く目が覚めてしまい、その後寝ようとしても眠れない。
  • 高齢で副作用の心配があるため、薬をあまり飲まないようにと医師から言われている。
  • 睡眠薬を飲んでいるが熟睡できない。
  • 鍼灸整骨院、整体院、カイロプラクティックなどに数年数十年と通っているが、一向に改善が見られない。

 

不眠症になるとこのような状態になられる方が大勢いらっしゃると思いますが、どうすれば良いのでしょうか?

 

まずは、当院の施術記録をご覧ください。 (当院の整体で現実に起こっている事を記録したものです。同じような事例が多数あります。)

不眠症の施術記録

70代 女性 主婦

経緯概要

10年前に不眠症を発症。
睡眠導入剤を飲んでいるが、5時間続けて寝れる事はない。
途中一度目を覚ますと、3時間は眠れず、朝方1時間くらい眠る感じ。
昼は寝不足できつい思いをしながら生活している。
総合病院に2年間通い、薬物療法やカウンセリングを受けたが、治っていない。
タイ式マッサージに行っても、やっている時は良いが、終わった後がかなりきつかった。
これまでにさまざまな療法を試してきたが、話していても、「この人もダメだ。分かってくれない。」と何度も思っていた。
娘から、耳が不自由な夫の面倒をみたくないから、病気に逃げているのではないかと言われるのが辛い。

施術による変化


施術1回目(2017/8/16)

施術8回目(2017/9/27)
何年かぶりに3日間熟睡できた。

施術10回目(2017/10/4)
不眠は良くなった。 どうしてだろうかと思う。
整体の後はなんでこんなに眠たくなるかなあと思っていた。
朝起きると、夜中トイレに行ったか覚えていないくらい寝ている。

施術11回目(2017/10/7)
寝すぎたのか、ここ2日は眠れなかった。
寝付きは良かったが、夜中3時間起きていた。
しかし、睡眠不足でも普通に生活できる。

施術13回目(2017/10/21)
睡眠導入剤を4分の3にしているが、眠れている。

施術15回目(2017/11/4)
昨日、主人の具合が悪くて、3:30に起こされたが、その後、ちゃんと寝れた。
これまでは、途中目を覚ますと、眠れることはなかった。
今までは、朝になると起きる自信があったので、目覚まし時計がいらなかったが、これからは、デイサービスに遅刻しないように目覚まし時計をしっかりセットしないといけなくなった。

施術18回目(2017/11/25)
睡眠導入剤は4分の1にした。
整体をし出して、悪夢をみなくなった。

施術21回目(2017/12/16)
睡眠は良い。 夜、トイレに一回も起きない。

10年も前から続いていた不眠でしたが、眠れる様になったので、施術を終了しました。
ご主人の介護で大変苦労されたようですので、お役に立つことが出来て良かったと思いました。

以下、お客さんのアンケートです。

 

アンケート内容

Q1 どのような症状で来院されましたか。

 

手術後に体が固く、うごきにくく、全体がバラバラ体も心も一体でなく、口の中まで痛く、不眠、耳鳴りと、ありとあらゆる不具合で病院めぐりをして、絶望の日々を送っていた時先生と出会いました。 

 

Q2 当院に通院するようになって、どのような変化がありましたか。 

 

体が固まっているので、もみほぐされると思っていました。でも、「もむ」ではなく、「ゆるめる」て頂き、心までゆるくなったようでした。23回したある日、不眠がなくなっているのに気が付き家族中で喜びました。自分の病気は一人のものではなく家族にも心配かけていたことに、あらためて気付き、先生との出逢いに感謝しました。

 

 Q3 当院の施術を受けられての、感想・ご意見をご自由にお書きください。 

 

私の場合は、今の医学に、絶望していた時でもあり、めぐり逢うべきして、逢ったという気持です。

病気を違う角度から考えられる自分に気づかされています。

 

ではこのお客さんに対して、どのような施術をしたのでしょうか?

不眠症の原因を知る事で、対処法が見えてきます。

 

不眠症の原因

考え事があるなどして、一時的に眠れなくなる事は誰にでもある事ですので問題はありません。
しかし、長期間眠れなくなり、日中も眠くなって仕事がはかどらなくなるなど、生活に支障が出る場合は、体調を崩しているとして、何らかの対処が必要になると思います。
原因については、他の病気が原因で眠れなくなっている場合は、その病気の治療が必要になると思います。
それ以外は、やはり、ストレスや偏食、運動不足などの生活習慣が原因になっていると考えられます。
しかし、これくらいの事は常識的に理解されている思いますので、ここでは、整体的に見た不眠症の原因について、整体師の立場から解説します。

不眠症は首こりが原因か?

女性のイラスト

整体師は、多くの人を施術していると、様々な症状をお持ちの方の体の特徴が見えてきます。
整体とは、主に「筋肉を緩め骨格のバランスを整え、血流、リンパの流れ、神経の伝達を促進する事で自然治癒力を高める事」が目的になります。

そのような観点から他人の体を施術しているわけですから、例えば腰に痛みがあれば、腰の筋肉が緊張していたり骨格がゆがんでいたりといった具合に、体の状態と症状との間に相関関係が統計的に見えてくるわけです。

では不眠症の人に共通した体の特徴は何かと言えば、首の筋肉の緊張であると思います。
このような話をすると「整体はエビデンスがない。」などと言った声が聞こえてきそうなので、首こりが原因とする根拠については、東京脳神経センター理事長・脳神経外科医の松井孝嘉氏の書籍を参考にしていただけたらと思います。
しかし首こりから不眠症になるメカニズムがはっきり分かっているわけではありません。
「首こりを解消する事で、不眠が改善される事が多くある。」という結果が出ているという事になります。

首こりの解消が不眠症に効果がある理由

医学的にはっきりとした事は分かっていませんが、自分なりに、首こりの解消が、不眠症の改善につながる理由について説明しようと思います。

セロトニンとメラトニン

睡眠に関わりの深いものに、脳内で情報を伝える役割のある、メラトニンという物質があります。
夜になるとセロトニンという物質がメラトニンに変わり、眠気を催す事になります。
不眠という事は夜になってもメラトニンが十分に作られていないと考えられますから、メラトニンを増やす事が出来れば不眠症の改善につながると考えられます。

そしてメラトニンは、セロトニンから作られますから、結局のところ、セロトニンを増やす事が出来れば良いという事になります。
では、どのようにすれば増やせるのでしょうか?

全身のバランスを整える

栄養バランスの良い食事を取る

セロトニンとメラトニンの図

セロトニンを増やすには、単純に、セロトニンの材料をたくさん採れば良いと考えられると思います。
セロトニンの材料は、トリプトファンというアミノ酸の一種ですが、これが効率よくセロトニンに変わるには、ビタミンB6や炭水化物なども必要になるという事です。
つまり、簡単に言えば、様々な食品を偏食せずに、バランス良く食べれば良いという事になります。

リズム運動

運動しているイラスト

また、トリプトファンをセロトニンに変えるために、一定のリズムで体を動かすことが良いと言われています。
具体的にはウォーキング、ジョギング、自転車や、食べ物を咀嚼するのも効果があるとの事です。

日光を浴びる

日光を浴びているイラスト

お日様の光を浴びる事もセロトニンを作るのには役立つとされています。
屋外で運動すれば、相乗効果が得られるのではないかと考えられます。
屋外での運動をする事で、気分がすっきりする事は経験的に理解されている事ではないかと思います。

朝5分の幸運習慣セロトニン生活のすすめ 有田秀穂

食事・運動・日光だけで不眠が改善できる?

これらについては、インターネットでも紹介されるようになり、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、では実際に眠れるようになっているでしょうか?
ここに紹介したことは、考えてみればごく当たり前の事というか、誰もが日常的にやっている事ではないかと思います。
これで眠れるようになるのであれば、誰も数年数十年と不眠で悩んでいないのではないかと思います。
ここで、考慮しなければならないのが、首こりになるわけです。

 

不眠症の整体法

では、不眠症には、どのように整体をすれば良いのでしょうか?
大まかな内容をお伝えします。

首こりを改善する事で栄養が脳に行き届くようにする

整体師が不眠症の人の体を触ると、首の筋肉が緊張している事が確認できるとお伝えしましたが、ではこの状態になっているとしたら、どういう事が起こるでしょうか?
首は体と頭をつなぐ通路になっていると思います。
そして筋肉が緊張すると、血管を圧迫して血流が悪くなります。
そうなれば心臓から送り出された血液が、十分に脳に届かなくなると考えられないでしょうか?

セロトニン説明の図

血液が十分に脳に行き届いていない状態で、セロトニンの材料をたくさん取ったところで、セロトニンの材料は不十分な状態のままになっていると考えられるのではないかと思います。
こう考えれば、まず、首こりを改善する事が重要という事が分かるのではないでしょうか?

全身のバランスを整える

当院の整体では、必ず全身を施術しますが、なぜでしょうか?
例えば、下図のような姿勢の場合はどうなるでしょうか?

骨格のイラスト

頭の重さを首の筋肉で支えなければならず、首に負担がかかり、首こりが再発するリスクがあるという事が分かると思います。
そのため、全身を施術して、正しい姿勢に矯正するわけです。

正しい姿勢の骨格

図のような状態であれば、首の筋肉に負担がかからず、首こりの再発も防げるという事が分かると思います。

体がゆがんでいる人の骨格

当然、図のように左右方向のゆがみもありますし、回転方向のゆがみもありますから、これらの方向に関しても矯正していく必要があります。

全身の筋肉を緩める

骨格がゆがんでいると言っても、骨が曲がって、ゆがむわけではなく、筋肉が緊張して、骨格を引っ張ってゆがむわけですから、全身の筋肉の緊張を取る必要があります。

全身の筋膜の癒着を取る

筋肉の周囲にある筋膜が癒着する事で、体のバランスが崩れる原因になりますから、筋肉を緩めると同時に、筋膜の癒着を取る必要があります。

整体は重要では?

いかがでしょうか?
不眠症には、首こりの改善が大切である理由が見えてきたのではないかと思います。
そしてそのためには、筋肉の緊張、筋膜の癒着を取り除き骨格を整える事が必要であるため、整体が必要になるという事が分かったのではないかと思います。

整体には理論と技術の両方が必要

整体師によって、様々な理論を持たれていると思いますが、当然、それは筋が通ったものである必要があると思います。
これまでの話を考慮すると、例えば、不眠症で、足をマッサージするところがあるとしたらどうでしょうか?
どのような結果が出るかは、予測がつくのではないかと思います。

つまり、まず、理論が必要になります。
また、理論があっても、それを実現できる技術がなければなりません。
例えば、首は非常にデリケートな部分であるため、骨格をポキポキする形で矯正したり、指でぐいぐいもみほぐしたりする整体やカイロプラクティック、マッサージなどは危険が伴いますので、あまりお勧めできないと思います。
実際にそのような整体やマッサージなどで悪化させている人を見かけます。
言うまでもなく、理論と技術の両方が必要になります。

 

白壁整体院のご予約、お問い合わせの図