腰をたたく男性の画像

腰痛

このようなことでお困りではないでしょうか?

  • 朝目が覚めた時に腰が痛い。
  • 長時間立っていると、腰が重だるくなってくる。
  • 腰痛を我慢しながら生活している。
  • 病院で検査をしても、特に異常が見つからない。
  • 整形外科、鍼灸整骨院、整体院、カイロプラクティックなどに通っているが、いつまでたっても良くならない。

これらの項目に当てはまった人も多いのではないかと思います。
ではなぜ、このような人が多くいらっしゃるのでしょうか?
それを知るために、まず、腰痛の原因について考えてみます。

腰痛の85%は原因不明?

先生のイラスト

腰痛になって、整形外科を受診すると、レントゲンやMRIなどの画像検査をされますが、「異常なし」と言われる事が多くあるのではないかと思います。
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは、骨や椎間板に異常が見つかりますから、これらの病名を付けられますが、そうでない場合は、「良く分からない」という話になります。
そして、なんと、この原因不明の腰痛が、全体の約85%を占めるとのことです。
高価な機械を使って検査をしても、ほとんどは、原因は良く分かりませんで終わってしまう事になります。
しかし、実際に痛みがあるのだから、「異常がないはずがない」と考えられると思います。
結局、こういう場合には、画像検査では分からない部分で異常が出ていると考えられます。
では、原因はどこにあるのでしょうか?

腰痛の原因

筋肉の緊張

筋肉のイラスト

整体師はいろいろなお客さんの体を触っていますから、腰痛のない健康な人と腰痛のある人の体の違いが分かってきます。
腰痛のあるお客さんに多いのが、やはり腰の筋肉の緊張だと思います。
筋肉の緊張であれば、レントゲンやMRIなどの画像検査では異常が検知できないために、「異常なし」で終わってしまうわけです。
しかし、経験を積んだ整体師が体を触れば、しっかりと異常が確認できるわけですね。

筋膜の癒着

筋膜というのは、筋肉のまわりを覆っている膜になります。
分かりやすい例で言うと、鶏肉の皮をはがしたときに、薄い膜があるのを見た事がある人がいらっしゃると思いますが、それになります。
この筋膜が癒着する事で、痛みの原因になります。
筋肉の緊張と共に、筋膜の癒着も痛みの原因として考慮する必要があるわけです。

骨格のゆがみ

骨格の説明しているイラスト

人間の頭の重さは、成人で約5kgあると言われています。
そうであれば、姿勢が崩れると頭の重さを支えるために、首や肩の筋肉を緊張させなければならず、肩こりにつながるという事が分かると思います。

骨格のイラスト

体をまっすぐに保つために、腰の筋肉を使わなければならず、腰の筋肉の緊張の原因になるという事が分かると思います。
こう考えれば、「骨格のゆがみが腰痛の根本的な原因」と言われる理由が分かると思います。
そして、当然の事ながら、骨格のゆがみは前後方向だけでなく、左右方向、回転方向などもありますから、こういったゆがみを整える事が必要になります。

体がゆがんでいる人の骨格

本当にゆがみを整えられていますか?

しかし、一つ気を付けなければならないのが、骨格がなぜゆがんでいるかと言う事です。
骨格がゆがむといっても、骨が曲がっているわけではありません。
骨には筋肉が付着しており、筋肉が緊張する事で、骨を引っ張って骨格がゆがむ事になります。

筋肉の緊張による体の歪み

そのため骨格を整えるためにはまず、筋肉の緊張を取る必要があるわけです。
また、筋膜についても同じことが言えます。
骨格がゆがんでいるからと言って骨を押したり引っ張ったりしたとしても、筋肉の緊張や筋膜の癒着を取らなければ、矯正できないか、しばらくすると元に戻ってしまうわけです。つまり、筋肉の緊張や筋膜の癒着を取らずに、骨格の矯正だけをすれば、
骨格の矯正をする⇒筋肉や筋膜に引っ張られて元に戻る⇒骨格の矯正をする⇒筋肉や筋膜に引っ張られて元に戻る⇒・・・

サイクルの図

これを繰り返しているだけで、いつまでたっても改善しないという事になるわけです。

筋肉・筋膜・骨格すべて整える事が必要

以上の事から、筋肉の緊張を取る事、筋膜の癒着を取る事、骨格のゆがみを整える事のすべて必要という事が分かると思います。
こう考えれば、なぜ整体なのかが見えてくるのではないかと思います。
骨格を整える事などは、どうしても、人の手で引っ張ったりといった物理的な力が必要になります。
人の手ですることによって、微妙な力加減などもコントロールできるわけです。

技術力も必要

腰痛でマッサージや整骨院などに行くと、力任せにぐいぐいもまれる事もあると思います。
しかし、その時は気持ち良いが、終わった後はすぐに痛みが戻るとか、通えば通うほど強い力でもまないと気持ち良くならなくなってきたという人はいないでしょうか?
この場合は、良くなるどころか、かえって悪化している場合があります。
つまり、筋肉の緊張が強くなっているために、弱い力では気持ち良く感じなくなってきているわけです。

筋肉を緩めるためには、力加減や体の動かし方などの、技術力が伴っていなければできないわけです。
また、筋膜の癒着にしても、指でぐいぐいもむような事だけでは解消できません。
それ相応の技術が求められることになります。
理屈が正しくとも、それを実現する技術がなければ、体の状態を整える事は出来ないという事になります。
理論と技術の二つがそろって初めて、結果がついてくる事になります。

お客様からの喜びの声

腰痛のアンケート

個人の感想であり、効果には個人差があります。